投資はいくつかのやり方があるということになりますが

株式投資をするときには、好きな銘柄をということもありでしょう。そうすることによって配当もらえたり、何かその企業の商品を貰うことができたり、ということもあるからです。これならば大抵の人にはメリットがある形になるでしょう。言うまでもありませんが、これがなかなか怖いことでもあります。つまりは、物凄く損をすることもある、ということです。逆に値が上がっても配当とか優待が目的になりますから基本的には売りたくないということになってしまうことがありますから、そこまで投資の方法としては儲けることを主体にしているとは言えないことになるでしょう。そこで重要になってくることが長期的な視野です。長期的な投資思考であるのであればこうした考え方は決して悪いことではないです。上手くすれば老後の資金、或いは収入源になっていく、ということもありますから、これはかなり期待できることでしょう。どんどんやってみる価値があるものになります。